有村架純「ブラック労働」三浦春馬さん想起…Hey! Say! JUMP・岡本圭人「みそぎ」 | Social Fill
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 有村架純「ブラック労働」三浦春馬さん想起…Hey! Say! JUMP・岡本圭人「みそぎ」の異常

有村架純「ブラック労働」三浦春馬さん想起…Hey! Say! JUMP・岡本圭人「みそぎ」の異常

有村架純「ブラック労働」三浦春馬さん想起…Hey! Say! JUMP・岡本圭人「みそぎ」の異常
socialfill

 5月24日の「日刊ゲンダイDIGITAL」(講談社)が女優・有村架純について「有村架純が超過密スケジュール その裏にある“消せない過去”」と題した記事を公開。ネットでは、「そんなに働いて大丈夫?」と有村の体調やストレスを不安視する声が殺到した。

 2020年8月に放送された『太陽の子』(NHK)では、7月に亡くなった三浦春馬さんと共演している有村。中には「三浦さんの件もあるし、無理してほしくない」と有村を心配する声も上がっている。

 同記事は、今年1月に公開された映画『花束みたいな恋をした』や現在放送中のドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)など、人気作品に多数出演する有村の活躍を踏まえ、改めて有村の過密スケジュールについて言及。

 ある芸能プロダクション関係者によると、8年前に当時のHey! Say! JUMP・岡本圭人とのスキャンダルが報じられたため、「今はよそ見をせずに女優業に専念してほしい」といった事務所の意向があるのではないかなどと語っている。

「フラームは有村架純に頼りすぎ」

 有村が菅田将暉と主演を務めた『花束みたいな恋をした』は公開初週の興行収入ランキングで初登場1位を獲得。その後も「切ないラブストーリー」としてSNSでジワジワと口コミが広まり、異例のロングヒットを飾った。

 また、有村がヒロイン役を務める映画『るろうに剣心最終章-The Final/The Beginning』も6月に公開を控えており、番宣や舞台挨拶にひっぱりだこ。その他、人気漫画の『前科者』の実写ドラマ&映画化でも有村が主演を務めることが発表されている。

 出演作品を見るだけでも有村の人気ぶりがうかがえる。しかし、ネットでは「フラームは有村架純に頼りすぎ」と仕事をセーブせずに有村を働かせる事務所への批判や、「恋愛させないように仕事詰め込まれてるのもかわいそう」「プライベートの時間増やしてあげた方が演技の幅も広がると思う」など有村を擁護するコメントが多数寄せられた。

 有村が体調をくずせば、世間から攻められるのは事務所側だろう。今後、有村が心身ともに健康に芸能活動を行えることを祈るばかりだ。
(文/堂島俊)

「ライター紹介」
ラーメン大好きな所属記者。芸能記事を中心として活動しているが、本当はスポーツがやりたい。神奈川県出身。