JRAデムーロ「厄年」離婚と再婚超えオークス制覇…「人生は難しい」| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • JRAデムーロ「厄年」離婚と再婚超えオークス制覇…「人生は難しい」の裏

JRAデムーロ「厄年」離婚と再婚超えオークス制覇…「人生は難しい」の裏

JRAデムーロ「厄年」離婚と再婚超えオークス制覇…「人生は難しい」の裏
socialfill

 23日のオークスは、M.デムーロ騎乗3人気ユーバーレーベンが豪快な差し切り勝利。2着アカイトリノムスメを抑えて勝利した。

 道中は後方から、直線ではじりじりと脚を伸ばして早め先頭で粘り切った。C.ルメールの3週連続G1制覇を止めたのは、同じJRA外国人騎手だった。

 デムーロ騎手のG1勝利は昨年のラウダシオン以来約1年ぶり。最近は「マイネル軍団の主戦」のポジションに収まっており、調子は上向いていた。

 勝利インタビューでは、意外なコメントも。

『人生は難しいね』『厄年終わってほしい』

「インタビューではユーバーレーベンに賛辞を贈るとともに『人生は難しいね』『厄年終わってほしい』など、愚痴ともいえるコメントも。

数年前にそれまでの家族と離婚した、と報じられ、最近再婚相手との間に男児が誕生しました。そういったプライベートの状況もあったのかもしれません。

また、マイネル軍団の総帥である岡田繁幸氏も先日亡くなり、いろいろと思うこともあったようです。

いずれにせよ『好調になれば手が付けられない』のがデムーロ騎手。当面は注意が必要な存在ですね」(メディア記者)

 1人気ソダシは最後失速して8着。桜花賞まで無敗だったが、やはり距離の問題は大きかったようだ。マイルならトップ戦線を張れる逸材だろう。

 今月はルメール→ルメール→デムーロと外国人がG1制覇。来週の日本ダービーはどうだろうか。
(文/堂島俊)

「ライター紹介」
ラーメン大好きな所属記者。芸能記事を中心として活動しているが、本当はスポーツがやりたい。神奈川県出身。