ゆきぽよ「メイク薄目動画」めるる登場でやっぱり居場所なしの現状| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • ゆきぽよ「メイク薄目動画」めるる登場でやっぱり居場所なしの現状とは

ゆきぽよ「メイク薄目動画」めるる登場でやっぱり居場所なしの現状とは

ゆきぽよ「メイク薄目」めるる登場でやっぱり居場所なしの現状とは
socialfill

 タレントの“ゆきぽよ”こと木村有希が自身のYouTubeチャンネルにメイク動画をアップ。これまでのギャルイメージとは異なる姿を見せた彼女に、様々な意見が寄せられている。

 5月17日、ゆきぽよは自身のYouTubeチャンネル「ゆきぽよTV!」にメイク動画を投稿。「最近ちょっとナチュラルが楽でいいなとか、ナチュラルでも意外と盛れるということに気づき始めて、毎日メイクが変わってきた」とコメントし、スッピン姿からナチュラルメイクを行う過程を紹介した。再生数は4.4万回を超え、ファンからは「ギャルでもナチュラルでも両方好き」といったコメントが寄せられている。

 しかし、世間からは「何かあったからって路線変更して真面目キャラにしても今更意味ないよ」「メイクを薄くすれば、みんなが信用してくれるわけじゃない」など、厳しい声が多数挙がっている。

 ゆきぽよといえば今年1月、2019年に友人男性がゆきぽよ宅で違法薬物を使用、逮捕されたことが報道され、各所で謝罪。この騒動でかなりの批判を浴び、多数出演していたバラエティ番組などからも現在姿を消している。

ギャル枠は埋まっており…

 今回のナチュラルメイクによって、クリーンなイメージを取り返したかったのかもしれないが、そう簡単にはいかないようだ。

 ギャル枠としては、“みちょぱ”こと池田美優や藤田ニコルなどの顔ぶれが揃っている。

 さらに、ゆきぽよの席を埋めるように “めるる”こと、ティーン代表格の生見愛瑠の露出も増え、「ゆきぽよのテレビ出演する隙はもうないのでは?」といった見方も。ある意味、早くも世代交代といったところだろう。

 この時代、活躍の場は様々あるため、テレビ復帰ではなくYouTubeでの活躍というのも一つの道だと考えられるが……。

 必死の巻き返しを図るゆきぽよの今後に注目したい。
(文/愛知太郎)

「ライター紹介」
愛知県名古屋市在住。制作会社でクライアントワークやメディア記事を中心に執筆中。