JRAダノンミッキー馬主「コロナワクチン優先接種」大塚亮一に続く不祥事 | Social Fill
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • JRAダノンミッキー馬主「コロナワクチン優先接種」大塚亮一に続く不祥事に

JRAダノンミッキー馬主「コロナワクチン優先接種」大塚亮一に続く不祥事に

JRAダノンミッキー馬主「コロナワクチン優先接種」大塚亮一に続く不祥事に

「勘定奉行」のCMなどで知られる「オービック」の代表取締役会長・野田順弘氏と、妻で取締役相談役のみづき氏が亀田総合病院に割り当てられた医療従事者枠のコロナウイルス・ワクチンを4月に接種していたと「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。

「野田夫妻が接種した時点で、同病院の医療従事者の接種は完了していなかった」ということで、すでに「上級国民案件」などといわれている。亀田総合病院は野田夫妻から多額の寄付を受けており、新型コロナのワクチンを優先的に接種したということだ。

 日本でも有数の富豪として知られる野田会長。それだけに世間からも厳しい意見が多い。「さもありなん」という見解も多いが「品格はない」と厳しい声もある。

 また、この夫妻は別の意味でも有名だ。

日本でも有数の馬主

「日本でも有数のJRA馬主としても知られています。野田会長は『ダノン』みづき氏は『ミッキー』の冠名で、数多くのG1ホースを輩出しています。

1億円超の良血馬を買うのもザラであり、今年3歳のダノンザキッドは2歳王者、クラシック候補の1頭です。ディープインパクトなどで有名な金子真人HD、サトノの里見治氏らと並ぶ超大物です。