岡田健史裁判「自死」三浦春馬さんとの共通点…心配な性格| Social Fill
カルチャースポーツ社会

岡田健史裁判「自殺」三浦春馬さんとの共通点…心配な性格とは

岡田健史騒動「自死」三浦春馬さんとの共通点…心配な性格とは
socialfill

 俳優の岡田健史が、所属事務所スパイスパワーと裁判沙汰になっているようだ。

「女性自身」(光文社)によれば、岡田はスウィートパワーの男性部門であるスパイスパワーに所属しているが、同事務所のセクハラ、パワハラ騒動に腹を立て、原因といわれている女性社長と距離を置き、契約解除をめぐって裁判になっているということだ。

 この報道に事務所側は「一部メディアの一連の報道をきっかけに、不信感を抱かれたなら、誠に遺憾です。オファーした一部の作品について、出演を嫌がったり断られた事実がございます。以前より方向性のずれがありました」と反論している。

「頑固で、一度こうと決めたら譲らない」

 もともと芸能界で力のある事務所だけに「事務所の力で有名になった」という自負もスパイスパワー側にはあるのだろう。

 とはいえ、先日は同じく高杉真宙が退所し、セクハラ・パワハラ問題と醜聞が多いのは見逃すことはできない。残念ながら世間からも岡田を擁護するよなコメントが多数を占めている。

 一方で、岡田は「よく言えば硬派。真面目がゆえに、“間違っている”“許せない”と思ったら、まっすぐその方向に向かってしまう」「頑固で、一度こうと決めたら譲らない」人物だという。

 この点に心配の声も少なくないようだ。