アミューズを糾弾「三浦春馬の暴走ファン」陰謀論の責任転嫁も「竹内結子も会見なかった」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • アミューズを糾弾「三浦春馬の暴走ファン」陰謀論の責任転嫁も「竹内結子も会見なかった」正論

アミューズを糾弾「三浦春馬の暴走ファン」陰謀論の責任転嫁も「竹内結子も会見なかった」正論

アミューズを糾弾「三浦春馬の暴走ファン」陰謀論の責任転嫁も「竹内結子も会見なかった」正論
socialfill

 俳優の三浦春馬さんの「他殺説」「陰謀論」に、アミューズが動いたと報じられたが……。

「デイリー新潮」(新潮社)が、三浦さんに関する憶測やデマに関する詳細を語り、陰謀論の拡大にも言及している。「闇の世界」「イルミナティ」などのデマが横行しており、荒唐無稽だと断じていた。

 アミューズもすでに法的措置を進め、今後は裁判にもなりそうだ。公式サイトでも言及している。

 だが、一部ファンからすれば「そもそもは……」と厳しい意見が多い。

その流れも少し変わって

「そもそも多くのファンは『荒唐無稽な陰謀論やデマは信じていない』としています。それよりも『ありもしない嘘や誹謗中傷が蔓延してしまった背景には、事務所が当日の経緯をきちんとファンに向けて発信しなかったから』『春馬くんの自死に無念を感じ、納得できないんですよ。でもね、事務所の発表も不都合な点が多くて問題有りなんですよ』など、いまだアミューズに対しての厳しい声は多いです。

ただ一方、その流れも少し変わってきたようにも思います。

『初期対応を責めているけど、それがあったから今事務所としてできる限り対応していると思うけどね』『ファンの気持ちも分からなくはないが事務所に説明責任があるのならそれは親族に対してでしょ』『なんでファンにそこまで説明しなきゃいけないの?』『さすがにどこでも沸いてきて気持ち悪い、故人も望んでない』など、異常なまでにこだわるファンに疑問を投げかけられています。

確かに、女優に竹内結子さんや芦名星さんが亡くなった際も、事務所は会見等は開いていませんからね。三浦さんだけは開くというのも変な話です。

そもそも一部の三浦さんファンは、佐藤健さんなど親交があった人物になぜか敵意をぶつけることもあります。ある意味陰謀論より危険な雰囲気すらありますね。