JRA武豊「限界か」レシステンシア失速敗退の原因と「不運」| Social Fill
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

JRA武豊「限界か」レシステンシア失速敗退の原因と「不運」とは

JRA武豊「限界か」レシステンシア失速敗退の原因と「不運」とは
socialfill

 16日のヴィクトリアマイル(G1)は、1番人気グランアレグリアが圧倒的な強さで勝利した。

 中団でレースを展開し、最後の直線では外からの抜け出しで4馬身差という文句なしの内容。史上初の「古馬マイルG1完全制覇」も達成した。

 前走大阪杯は4着だったが、距離延長と馬場だったのは明らかだった。C.ルメール騎手も「やっぱり強かった」「素晴らしい手ごたえでした」とした。

 一方、グランアレグリアに次ぐ人気だったレシステンシアは、直線では一端先頭に立ったが最後に失速。6着に敗れた。

1200~1400くらいが適性か

「前走高松宮記念で2着と好レースを見せましたが、今回は失速してしまいました。1200~1400くらいが適性ということでしょう。

しかし、2人気だけに掲示板には残してほしい、という気持ちはあったかもしれません。そういう意味で、武豊騎手への厳しい意見もなくはないですね。

ただ、大外枠ですし、展開も逃げ先行がごった返す形で向かなかった部分はあります。武豊騎手はできるレースはしたように思いますよ。