三浦春馬「密葬内容ヤバい」恩師告白に衝撃…なぜ「火葬を急いだ」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬「密葬内容ヤバい」恩師告白に衝撃…なぜ「火葬を急いだ」陰謀説は消えず

三浦春馬「密葬内容ヤバい」恩師告白に衝撃…なぜ「火葬を急いだ」陰謀説は消えず

三浦春馬「密葬内容ヤバい」恩師告白に衝撃…なぜ「火葬を急いだ」陰謀説は消えず
socialfill

 昨年7月に突如この世を去りながら、いまだ多くの話題を振りまいている、俳優の三浦春馬さん。

 三浦さんといえば先日、MCを務めていた『世界は欲しいモノにあふれてる』(NHK)、ならびに出演映画『ブレイブ -群青戦記-』のDVD化などが発表されたばかり。すでに新作映画などはほとんどないが、今なお多くのファンに話題を提供している状況だ。

 それだけ多くの人に惜しまれている三浦さんだが、やはり唐突な死に対するショック、疑念が渦巻いているのも大きい。

 亡くなった当日のマネージャーの動きなどに矛盾がある、というのがファンが疑問を抱いた最初だが、その後も出演ドラマ出の演出が「ガスライティングでは」という疑惑も出てくるなど、混沌とした状態が長く続いた。

三浦さんの「お葬式」に関する情報

 亡くなって10カ月が経過し、亡くなった当時ほど憶測だらけの状況ではないが、やはり今も燻っている部分はある。

 また、一部雑誌が出した、三浦さんの「お葬式」に関する情報も出ている。

「月刊『創』6月号の内容が波紋を呼んでいます。

同号には、三浦さんの『恩師』であるつくばアクターズスタジオ元代表・加藤真由美氏がインタビューを受けています。その中で三浦さんの死後『密葬』が行われ加藤氏も参列したようです。