前澤友作VSひろゆき「寄付フォロワー目的発言」PCorカネ論にDaiGoも | Social Fill
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

前澤友作VSひろゆき「寄付フォロワー目的発言」PCorカネ論にDaiGoも参戦

前澤友作VSひろゆき「寄付フォロワー目的発言」PCorカネ論にDaiGoも参戦
socialfill

「2ちゃんねる」創業者の西村博之氏と、先日宇宙に正式に行くことが決定した、ZOZO創業者の前澤友作氏がSNS上で舌戦を繰り広げている。

 ひろゆき氏は自身のYouTubeで前澤氏の間で「児童養護施設にPCを寄付する」という企画を考えていたが、それが「中止」になった“裏側”を暴露した。

 その理由として「日本の養護施設が700、どんなに集めても1000くらい」として「フォロワーが1000人しか増えない。増えるフォロワーが少ないのでやらない」と前澤氏側に判断されたと告白。ネットではおおきな反響を呼んでいた。

「お金贈りという趣旨と、PCというモノを贈るという趣旨が異なる」

 これを受け、前澤氏は自身のTwitterで「お金贈り事務局より西村様宛に送ったメールの内容です。見送らせていただいた理由はメールの通りです。児童養護施設にPCを贈る、というお考え自体は素晴らしいことだと思います。」とした。

 添付したメール画像の文面には「お金贈りという趣旨と、PCというモノを贈るという趣旨が異なる」等の理由で断ったとしている。また「私自身は児童養護施設の子供たちにクリスマスギフトをお届けする活動をしております。子供たちのために何かしたいという気持ちは近しいのかと思います。今回はご一緒できませんでしたが、西村様のPCを贈られるという活動は心から応援したいと思います。」と付け加えた。

 これに対しひろゆき氏は「会議のやり取り」として『前澤さんスタッフ「児童養護施設の数が700しかないので、施設に限定するとフォロワーが増えないので、限定したくない。」おいら「お金を配るとPC買わなかったり、間違ったスペックを買うので、PCを配る方がいい」スタッフ「お金を配る方が応募が増えます。」』とさらに反論。