福田萌「見栄で子ども疲弊」シンガポール移住生活に世間が冷たい| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 福田萌「見栄で子ども疲弊」シンガポール移住生活に世間が冷たい理由

福田萌「見栄で子ども疲弊」シンガポール移住生活に世間が冷たい理由

福田萌「見栄で子ども疲弊」シンガポール移住生活に世間が冷たい理由
socialfill

 タレントの福田萌が14日の『ノンストップ!』(フジテレビ系)にリモート出演した。

 夫であるオリエンタルラジオの中田敦彦と2人の子どもを連れ先日シンガポールに移住した福田。

 現在7歳の長女はインターナショナルスクールに通い出し、4歳の長男は同じ学校のプレスクールに通っているとのことだが、長男のほうは週初めは「いつも行きたくないとぐずってる」「先生から動画が送られてくるが、他の子は遊んでいるのに、息子だけは三角座りで膝をいじっているのは胸が締め付けられる」と語った。

 このエピソードに世間の反応はなかなかに辛辣だ。

見栄っ張りの親たちに振り回される子供

「見栄っ張りの親たちに振り回される子供はかわいそうですね。」「そういう環境作っておいて胸が締め付けられるって?締め付けられる自分に酔ってるだけでしょ。環境作った親がネガティブな発言したらマッチポンプにしか見えない」「親の身勝手で子どもが振り回されて犠牲になっているのを世間に知らせているだけ」「辞令が出たわけでもなくシンガポールから請われて行ったわけでもなく仕事があるわけでもなく勝手に行ったんだから。あまり愚痴らない方がいいよ」「勝手に行って「胸が締め付けられる」はないだろ」など厳しい意見が大多数だ。

 また「子供はすぐ慣れる」「海外行くなら、それしきの事は普通」「お子さんは数ヶ月もすれば順応するし言葉もすぐ話せるようになるでしょ。お子さんに取っては凄くプラスになるはず」「1年も経てば余裕でなじめるようになる。ただそれをわざわざ世間に言わなくてもいいのでは、とは思う」と、過度な心配をわざわざテレビで伝えることもないのでは、とした。