三浦春馬「不審な男が防犯カメラに」アミューズ説明が絶対必要なワケ| Social Fill
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬「不審な男が防犯カメラに」アミューズ説明が絶対必要なワケと可能性

三浦春馬「不審な男が防犯カメラに」アミューズ説明が絶対必要なワケと可能性

三浦春馬「不審な男が防犯カメラに」アミューズ説明が絶対必要なワケと可能性
socialfill

 昨年7月にこの世を去り、18日で10カ月が経過する。俳優の三浦春馬さん。

 三浦さんの一周忌も着実に近づいているが、すでに1年程が経過しているにもかかわらず、常に話題を提供し続けている。

 死の直前まで撮影していた『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)が昨年放送され、『コンフィデンスマンJP』の公開、昨年末には主演映画『天外者』公開と超ロングラン、今年も出演映画『ブレイブ』の公開、NHKドラマ『太陽の子』の映画発表など、多くの出演があり、ファンを楽しませている。

 さすがに今年秋以降は新作はないだろうが、先日『世界は欲しいモノにあふれてる』(NHK)のDVD化が発表されており、過去コンテンツの動きにも大きな注目が集まる。

いよいよ「説明」もあるのでは

 そして、いよいよ「説明」もあるのでは、という声もある。

「アミューズが、三浦さんの死去当日の時系列の謎などに関し、具体的に説明をするのではないか、と見られています。

アミューズは最近、三浦さんに関するデマや陰謀論、名前を使った書籍などに関する注意喚起などを積極的に行なっていますからね。