コブクロ黒田俊介「不倫相手自殺未遂」小渕健太郎と同じく…「出版差し止めを請求」の真相| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • コブクロ黒田俊介「不倫と自殺未遂」小渕健太郎と同じく…「出版差し止めを請求」の真相とは

コブクロ黒田俊介「不倫と自殺未遂」小渕健太郎と同じく…「出版差し止めを請求」の真相とは

コブクロ黒田俊介「不倫相手自殺未遂」の裏…「出版差し止めを請求」の真相とは
socialfill

 音楽デュオ「コブクロ」の黒田俊介に「不倫」報道だ。

「週刊文春」(文藝春秋)によれば、黒田は2017年に20代後半の美女と男女の関係に。黒田は三児の父親で不倫関係だったという。黒田はのめりこみ、相当な数の連絡のやり取りをしていたようだ。

 しかしその後連絡が途絶えるようになり、女性は不安定に。ネットでの記事は「今年4月13日未明、A子さんは70錠以上の抗うつ薬と睡眠薬を服用し、意識を失う――」と記載されている。詳細は『文春オンライン』とネットの有料記事、ならびに12日発売の同誌をご覧いただきたい。

 あまりにも衝撃的な報道だ。不倫だけでなく「自殺未遂」と語られており、コブクロ、そして黒田のダメージは計り知れないものがある。

2016年には小渕健太郎も不倫

「コブクロといえば2016年には小渕健太郎さんも『週刊新潮』(新潮社)に、過去の女性の証言をもとに不倫疑惑を報じられています。

世間からは『コブクロは2人ともだったのね』『えっコブクロの不倫してなさそうな方が』『どっちもLINE流出してるわ』などといわれています。