キンプリ『24時間テレビ』MCでも不要…日テレのボケ加減と深刻状況 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • キンプリ『24時間テレビ』MCでも不要…日テレのボケ加減と深刻状況とは

キンプリ『24時間テレビ』MCでも不要…日テレのボケ加減と深刻状況とは

キンプリ『24時間テレビ』MCでも不要…日テレのボケ加減と深刻状況とは
socialfill

 今年の日本テレビ系『24時間テレビ』が、2年連続で両国国技館(東京)で開催されることが8日にわかった。

『1億3000万人のSHOWチャンネル』内で発表されたが、今年も同じく無観客での生放送。

 メインパーソナリティーは人気グループ・King & Prince(キンプリ)で「24時間テレビ44 想い~世界は、きっと変わる。」をテーマに掲げている。

キンプリにとって決して朗報とはいえない

 キンプリファンこそ喜んでいるが、現状を考えるとキンプリにとって決して朗報とはいえないらしい。

「世間からは『新型コロナウイルス(新型肺炎)の大流行大蔓延や変異株ウイルス大流行があるのにも関わらず、日本テレビは毎年夏恒例の「24時間テレビ」をやるのですね』『東京五輪もそうですが、やる必要がないことを無理にでもやろうとするのか』『変異ウイルスが蔓延しているのに?考えればわかる』『こんな時に出演料を払ってまでチャリティー番組を無理してでもやる必要があるの』など、コロナ禍の今、まさに不要不急のチャリティー番組をやる必要があるのか、という声は多いです。

また『日テレのジャニーズ忖度はいつまで継続するおもつりなんでしょうか』と、相変わらずジャニーズと蜜月の日本テレビに呆れる声もあります。

キンプリは今ジャニーズでもっとも勢いのあるグループですが、世の中が『この番組』を求めているのか、という点とは別問題ということですね」(メディア記者)

 昨年はジャニーズの各グループのメンバーが集まってのMCだったが、不評だった。今年はどうだろうか。
(文/堂島俊)

「ライター紹介」
ラーメン大好きな所属記者。芸能記事を中心として活動しているが、本当はスポーツがやりたい。神奈川県出身。