山田孝之「ヤバい疑惑」ワンオクTakaと「世間は非常識扱い」も完全無視の理由 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 山田孝之「ヤバい疑惑」ワンオクTakaと「世間は非常識扱い」も完全無視の理由と余裕

山田孝之「ヤバい疑惑」ワンオクTakaと「世間は非常識扱い」も完全無視の理由と余裕

山田孝之「飲み会三昧」ワンオクTakaと「世間は非常識扱い」も完全無視の理由と余裕
socialfill

 山田孝之主演、6月24日に全世界同時配信されるNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督 シーズン2』。

 2019年のシーズン1は国内外に大きな衝撃をもたらし、山田の「代表作」という声も決して少なくない。村西とおる氏の激動の人生を描く意欲作で、過激な描写ができるのもNetflixならではといえるだろう。

 そんな山田だが、俳優としてはさまざまな顔を見せる個性派、実力派として非常に評価が高い。多くのファンがついているのも納得といえるだろう。

 俳優としての山田の活躍は今後も約束されたようなものだろう。それだけの実力がある。

ONE OK ROCKのTakaとも仲良しで

 しかし、私生活の山田に関しては、世間から疑問を持たれる事も少なくはない。

「山田さんは、新型コロナウィルスが蔓延した昨年から、賛否の声が出るような行動をしていますね。

コロナ禍での飲み会はもちろん、沖縄旅行に行った際には『週刊文春』(文藝春秋)に報道され、世間から批判を浴びています。

また、最近コロナ禍での度重なる“パーティ写真のSNS投稿”でやや冷めた目をされているONE OK ROCKのTakaさんとも非常に仲良し。大晦日には大人数でパーティを開いたそうですが、その中に山田さんもいたようです。

事務所の中でも稼ぎ頭といえる山田さんだけに、強く注意する人も多くはないでしょう。また、ギャラが高額とされるNetflixなど海外資本からのオファーがある今、日本のイメージを気にする必要もないということかもしれません」(メディア記者)

 私生活も型破りな山田。我を通し続けるのは確実だ。
(文/堂島俊)

「ライター紹介」
ラーメン大好きな所属記者。芸能記事を中心として活動しているが、本当はスポーツがやりたい。神奈川県出身。