JRA武豊「よくわからん」インティ「後方豪脚」かしわ記念でファン驚愕の裏 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • JRA武豊「よくわからん」インティ「後方豪脚」かしわ記念でファン驚愕の裏側

JRA武豊「よくわからん」インティ「後方豪脚」かしわ記念でファン驚愕の裏側

JRA武豊「よくわからん」インティ「後方豪脚」かしわ記念でファン驚愕の裏側
socialfill

 5日、船橋競馬場で開催されたかしわ記念(G1)は、地元・船橋の2番人気カジノフォンテンがJRAの強豪を撃破。川崎記念に続くG1競走2勝目を果たした。

 最終コーナーの時点ではすでに先頭に立ち、豪脚を繰り出した2着ソリストサンダー、出遅れながらも最後追い上げた3着インティを退けての勝利。中央勢を差しおいての優勝はやはり価値がある。

 一方、1番人気のカフェファラオは7着。地方の深い砂が苦手なのか、いいところなく惨敗した。フェブラリーSが強かっただけに、ガックリしたファンも多かったはずだ。

 一方、勝ちこそ逃したが上位に導いたソリストサンダーの戸崎圭太騎手、インティの武豊騎手には「さすがにうまい」と賛辞が多い。

「よくわからない馬」示したインティ

 そして「よくわからない馬」というのを改めて示したのがインティだ。

「スタートは完全に出遅れ、ほぼ最後方からのレースとなった瞬間に『終わった』と諦めたファンは多かったのではないでしょうか。過去逃げ、先行で好成績を残してきたインティだけに、後方から何ができるのかと。

しかし、最後の直線ではまさかの豪脚を見せ、あわやの3着に入りました。スタートさえ出れば、という内容でした。

一昨年のフェブラリーS以来勝利なし、最近は掲示板に入る機会も減っていましたが、突然好走するという“読めない馬”になってしまいました。昨年もイマイチなレースが続いた中、好メンバーのチャンピオンズCで3着に入っています。

今後もなかなか切りづらい馬になってしまいましたが、武豊騎手としても怪我明けで久々に大舞台で見せ場がありました。今後もこのコンビは注目ですね」(メディア記者)

 ダートの活躍馬は息が長い。インティももうひと花咲くかもしれない。