八村塁を「クロ●ボ」人種差別メッセに怒り「DeNAベイスターズが気の毒」「特定」の理由| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 八村塁を「クロ●ボ」人種差別メッセに怒り「DeNAベイスターズが気の毒」「特定」の理由とは

八村塁を「クロ●ボ」人種差別メッセに怒り「DeNAベイスターズが気の毒」「特定」の理由とは

八村塁を「クロ●ボ」人種差別メッセに怒り「DeNAベイスターズが気の毒」「特定」の理由とは
socialfill

 ワシントン・ウィザーズの八村塁の弟で、日本の男子バスケットボール選手である八村阿蓮選手が「人種差別」についてツイートし、話題になっている。

 八村は「日本には人種差別が無いと言ってる人がいるけどこうやって人種差別発言をする人がいます。晒してどうにかなる問題では無いと思いますが、皆さんに今一度人種差別の問題について関心を持っていただきたいと思いました。」とし、とある人物のインスタグラムアカウントのスクショを投稿。そこには、横浜DeNAベイスターズのサムネ画像の人物のインスタとメッセージがあった。

 メッセージには「死ね、間違えて生まれてきたクロ●ボ。お前もお前の兄もバスケがうまいだけのただのクロ●ボ」とある。

ネットでは“私刑”と“トバッチリ”

 とてつもない差別的な言葉であり、ツイートを見た人からは「最低人間ですね 同じ日本人と思いたくないです」「画像読ませていただきました。酷いですね」「しょーもないこと言うヤツ以上にあなたを大切に思う人々がたくさんいます!今後の活躍も期待してます」など、応援の声が相次いでいる。

 あまりにも限度を超えた発言で「訴えれば」という声もあるが、実際にネットでは“私刑”と“トバッチリ”が起こりそうな気配だ。