所ジョージ「内村光良を粉砕」イッテQをポツンと一軒家逆転はタレント性の違い| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 所ジョージ「内村光良を粉砕」イッテQをポツンと一軒家逆転はタレント性の違いか

所ジョージ「内村光良を粉砕」イッテQをポツンと一軒家逆転はタレント性の違いか

所ジョージ「内村光良撃破」イッテQをポツンと一軒家逆転はタレント性の違いか
socialfill

「現代ビジネス」が、人気テレビ番組の視聴率対決の変化を語っている。

 日本テレビ系の『世界の果てまでイッテQ!』と同時間帯のテレビ朝日系『ポツンと一軒家』の視聴率が「完全に逆転」しているとのこと。

 4月4日、18日の放送では世帯と個人ともに『ポツンと一軒家』の視聴率を下回った『イッテQ』。手越祐也らメインキャストが抜けたり、最近はコロナ禍で海外ロケができないことなども影響しているというが……。

コロナ禍が一つの分岐点

 視聴者からは「イッテQはコロナ以前からマンネリ化してたけど、以前より手抜きに思える企画ばかりになってきたからかなって気はする」「コロナ禍で海外に当分海外ロケに行けないでは辛うじてあった持ち味を発揮できない」「元々こじんまりした企画で成り立っているぽつんと一軒家には勝ち目ない」「イッテQは海外ロケ中心 ポツンと一軒家は国内オンリー」など、さまざまな意見が。コロナ禍が一つの分岐点であるのは事実のようだ。

 一方で「日テレは番組タイトルと内容がかけ離れる事が多いよね、行列とかボンビーもそうだし」など、日本テレビ全体の番組製作自体の問題を指摘する意見も少なくはない。

 そして「MCの違い」もあるとか……。