JRA「動物虐待」岩田康誠真相に武豊、藤田伸二は…ばんえい競馬と「馬蹴り」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • JRA「動物虐待だ」岩田康誠真相に武豊、藤田伸二は…ばんえい競馬と「馬蹴り」共通点

JRA「動物虐待だ」岩田康誠真相に武豊、藤田伸二は…ばんえい競馬と「馬蹴り」共通点

JRA「動物虐待だ」岩田康誠真相に武豊、藤田伸二は…ばんえい競馬と「馬蹴り」共通点
socialfill

 先月24日、後輩騎手への「粗暴行為」で4日間の騎乗停止となった、JRA岩田康誠騎手。

 レース前の返し馬の際、藤懸貴志騎手への幅寄せ、暴言を浴びせたという信じがたい内容に、いまだ多くの批判がやまない。しかし、騎乗停止は8日まで。9日のNHKマイルC開催日には復帰することとなる。

 世間からは「早すぎる」という声もあるが、それも当然だろう。藤懸騎手への行為はまさに前代未聞で、騎乗停止期間が短すぎるといわれるのも仕方がない。

 そんな中、改めて注目されているのが、元JRA騎手の藤田伸二氏である。先月27日には「岩田騎手、騎乗停止の真実」と題して動画を掲載している。

駆け足で思いっ切り突っ込んでいった

 藤田氏は「動物、大事な馬を使った」と、暴力の道具にサラブレッドを使ったことに怒りを示した。さらに「藤懸が返し馬で外ラチを歩いていたが、岩田が藤懸のほうに馬を向けて、駆け足で思いっ切り突っ込んでいった」と、聞いた内情を暴露している。

 さらに岩田は「馬を真横にビッタリつけて暴言を吐き、ムチを叩いて馬に“蹴らせようとしていた”」とも吐露している。これが本当なら、やはり騎乗停止期間が短いのではないかと言わざるを得ない。