JRAワールドプレミア「大塚亮一に批判」武豊乗り替わりで天皇賞制覇も「不正受給」イメージ| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • JRAワールドプレミア「大塚亮一に批判」武豊乗り替わりで天皇賞制覇も「不正受給」イメージ消えず

JRAワールドプレミア「大塚亮一に批判」武豊乗り替わりで天皇賞制覇も「不正受給」イメージ消えず

JRAワールドプレミア「大塚亮一に批判」武豊乗り替わりで天皇賞制覇も「不正受給」イメージ消えず
socialfill

 2日の天皇賞・春(G1)は、3番人気ワールドプレミアが外からの抜け出しで勝利。2着ディープボンドとの接戦を制した。3着はカレンブーケドール。

 道中折り合いをつけ中段、先に抜け出したディープボンドめがけて一気に追い込んだ。鞍上福永祐一騎手のナイスプレイといえるだろう。

 これでワールドプレミアは一昨年の菊花賞以来のG1制覇。福永騎手も天皇賞・春は初制覇だ。

 一昨年は武豊騎手で優勝したワールドプレミア。今回は乗り替わりだったが、それ以上に注目されているのが「オーナー」だ。

持続化給付金の不正受給

「大塚亮一オーナーは、今年指摘されたJRA関係者の持続化給付金の不正受給の『指南役』として名前が出されています。