ふかわりょう「引退」松本人志同情…出川哲朗と岡本夏生騒動| Social Fill
カルチャースポーツ社会

ふかわりょう「引退」松本人志同情…出川哲朗と岡本夏生騒動の違い

ふかわりょう「引退」松本人志同情…出川哲朗と岡本夏生騒動の違い
socialfill

 タレントのふかわりょうから強引にキスをされたとして、タレントの岡本夏生が1円の損害賠償などを求めた民事訴訟で、東京地裁はふかわに賠償を命じる判決を言い渡した件。

 ふかわは1日、YouTubeの「さまぁ~ずチャンネル」にゲスト出演し、過去にMCをしていた『5時に夢中!』(TOKYO MX)について「精神のキープは大変ですよ。朝起きて日が暮れるまで、『私は社会に求められてないんだ』みたいな。何か聞こえてくるんですよ」と幻聴を告白した。

「今回はふかわくんが謝るしかない」

 そのふかわに関し『ワイドナショー』(フジテレビ系)でも言及。ダウンタウンの松本人志も「今回はふかわくんが謝るしかない」としつつ、「例えば何かの場面でウケが悪くて、少し強めのツッコミをしてその場は盛り上がったけど、後からツッコミの相手が『深く傷ついた』と告白したら、こっちが一気に責められてしまう」「どんどん(芸能が)危なっかしい仕事になる」と私見を述べた。

 当時の状況的な問題はあるが、やはり松本も「ふかわが謝るしかない」と結論づけざるを得ない場面になってしまっているのだろう。同じ芸人として多少の同情も見え隠れしたが……。

 ふかわはタレントとして大きなダメージを受けたのは事実だ。

「マリエさんからの暴露で出川哲朗さんもダメージを受けましたが、ふかわさんは賠償命令まで行きましたからね。より打撃があると言わざるを得ないでしょう。

精神的な問題から『引退もあるのではないか』といわれています。情報番組のMCなどもやっていますからね……」(メディア記者)

 ふかわ、最大の危機だ。