東山紀之「断罪」近藤真彦引退宣告のジャニーズ| Social Fill
カルチャースポーツ社会

東山紀之「断罪」近藤真彦引退宣告のジャニーズ対応

東山紀之「断罪」近藤真彦引退宣告のジャニーズ対応
socialfill

 東山紀之がメインキャスターを務める「サンデーLIVE!!」(テレビ朝日)で、ジャニーズ事務所を退所した近藤真彦について取り上げた。

 近藤の退所に対し「大きな疑問が残っている」と語った東山、「後輩たちにもファンの人たちにも何の説明もなかった」と語り、「説明したくなかったのか、する事が出来なかったのか、それともこれからするのか」と未だ公の場に登場し、説明責任を果たしてない先輩に苦言を呈した。

「退所という選択が正しかったんだというのを、今後の生き様で証明いただきたい」と、語った東山だが、ネット上は「マッチはそういう人なんだよ」「マッチと東山では人間性が全く違うから」「後輩にここまで言わす程情けない」「まともな大人とは思えません」など、近藤の人としての本質は東山の求める「生き様」を証明するには至らないのではとする評価に。

「かなり不満を抱いてそう」

 さらに東山が「マッチさんの為に自分自身を犠牲にして助けてきたスタッフの方を沢山知っている」とも発言したことで、「マッチのやりたい放題が伝わる」「いろいろ揉めてたんだろう」「かなり不満を抱いてそう」「マッチが裏でどんな感じだったのか分かる一言」など、世間が知りえない内幕を察する声もならんだ。

「終始、東山さんが怒りを抑えて語っているような姿が印象的でした。

『自分自身を犠牲にして助けてきたスタッフの方を沢山知っている』とした発言をサラッと言いましたが、辞めるとは言え先輩の裏の顔を生放送で暴露したと言っても過言ではありません。

そんな勝手気ままに芸能生活を送ってきた近藤さんですから、東山さんの言葉が胸に突き刺さるかは疑問ですが、世間は東山さんが気持ちを代弁してくれたスッキリした気持ちではないでしょうか」(メディア関係者)

 ジャニーズを辞めた人間すべてに言える事だが、ジャニーズの看板を降ろした時ほど、その人の本質が問われるはず。

 近藤は「ジャニーズの名を汚さぬよう仕事を続けさせていただきます」としたコメントを残したが、今回の一連の騒動で世間はもう近藤に見切りをつけ終わっているのかもしれない。
(文/堂島俊)