ビートたけし「島田紳助との冷戦」大竹まことも絡む衝撃の出来事| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • ビートたけし「島田紳助との冷戦」大竹まことも絡む衝撃の出来事とは

ビートたけし「島田紳助との冷戦」大竹まことも絡む衝撃の出来事とは

ビートたけし「島田紳助との冷戦」大竹まことも絡む衝撃の出来事とは
socialfill

 4月、マリエの「枕営業勧誘」で久しぶりに名前が出た、島田紳助さん。

 15年前の出来事でその真偽は謎だが、大手メディアがほとんど島田さんに触れないことからも、その影響力やテレビ局などの“痛い腹”が多いのは間違いなさそうだ。

 島田さんに何かを語れるのは同レベル以上の芸人となるが、明石家さんまダウンタウン・松本人志など、仲のよかった大御所はテレビで大々的に批判することはできないはずだ。

ビートたけしが苦言

 となると、さほどかかわりが深くなかった大御所が誰か、となるが、やはりビートたけしやタモリ、とんねるずなどになるだろうか。島田さんとかつて水面下でバトルをしたと報じられた人もいるが……。

 やはり直接的に島田さんに苦言を呈したことがあるのは、ビートたけしか。

「島田さんが過去、番組共演した東京03を恫喝した、と騒動になりました。挨拶をしなかったということだったようですが、その時にたけしさんは『紳助は何を思いあがっているのか』と呆れていたようです。

また、東京03のマネジャーを務めていたのが、たけしさんと親交の深い大竹まことさんの息子さんということで、その後たけしさんは紳助さんに皮肉をいったり、番組内で批判もするなどして、収めたというのもあります。

2人がテレビ界で絶大なる影響を有していたのはいうまでもないこと。20年程前から、実は“冷戦”があったのかもしれません」(メディア記者)

 龍と虎、という感じだろうか。
(文/堂島俊)