浜辺美波「旭川いじめ想起」告白で世間反応が強い理由 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

浜辺美波「旭川いじめ想起」告白で世間反応が強い理由とは

浜辺美波「旭川いじめ想起」告白で世間反応が強い理由とは
socialfill

 女優の浜辺美波が、小学生時代に「いじめられた過去」を告白している。

 浜辺は『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)で小学校1~3年ごろについて「隣の席に座っている子とも仲よくなくて、机ごと廊下に出された」「お揃いで物を買うとか、みんなで遠足や修学旅行に行くことが本当に嫌いだった」と告白。

 なかなかハードな小学生時代だったらしい浜辺だが「かわいいから嫉妬されたのかしら」「普通かわいい子っていじめる側のイメージだけど」など、さまざまな反応がある。

旭川のいじめ自殺事件が大きな話題に

 いつもより世間からの反響が大きいのは、このタイミングでの言動だったからだろうか。

「旭川のいじめ自殺事件が、世間で大きな話題になっている状況ですからね。教育委員会がこの出来事をスルーして「週刊文春」(文藝春秋)が報じて騒ぎになってはじめて動くという点などから、大きな批判にさらされています。

今回の浜辺さんとは凄惨さの度合いが全く違うとはいえ、世間が今『いじめ』という言葉に対しナーバスになっているのは間違いないですね。

テレビ局はこの件をほとんど報じませんが、タイミングを見てこの話題を出したのかどうなのか、その点も気になります」(メディア記者)

 状況が状況だけに……。
(文/城島信二)