石原さとみ「綾瀬はるか真逆」ドラマ爆死で綾野剛もろとも終了| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 石原さとみ「綾瀬はるか真逆」ドラマ爆死で綾野剛もろとも終了の理由

石原さとみ「綾瀬はるか真逆」ドラマ爆死で綾野剛もろとも終了の理由

石原さとみ「綾瀬はるか真逆」ドラマ爆死で綾野剛もろとも終了の理由
socialfill

 4月28日、石原さとみ綾野剛がダブル主演を務める新ドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)の第3話が放送された。

 第3話の平均視聴率は8.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録し、第1話10.5%(同)、第2話8.9%(同)と3話続けて数字が低迷。さらにネットでは物語の内容やキャスティングに批判的な声も寄せられており、さっそく“残念ドラマ”認定されているようだ。

 同作は4月からスタートした新ドラマ。「史上最強のラブコメ」 といったキャッチコピーを掲げ、石原と綾野が演じる男女のDeepな恋物語を描く。

「内容がファンタジーすぎて」

 石原は海の自然環境を保全したいと考える海洋学者・渚海音を、綾野は巨大マリンリゾートの開発に人生をかけるロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎を演じ、2人の対立から発展する恋模様や胸キュンシーンが話題だ。

 放送前には、綾野にグイグイ迫る石原の禁断ビジュアルが公開。「すでに“胸キュン”した」という声が多数寄せられた。前評判が高かっただけに、放送を楽しみにしていたファンも少なくなかっただろう。

 しかし、第3話までが終了した時点でネットには「内容がファンタジーすぎてついていけない」「脚本がいまいち」とドラマの内容に批判的な意見も。さらには「これほど面白くないとは。石原さとみもまた不発に終わったな」「石原さとみの役があまりにもノー天気過ぎて感情移入できない」と石原の演技に対し、いった痛烈な声が上がった。また綾野には「全くイケメン御曹司にみえない」「このドラマ本当に出たいと思ったのかな……」などのコメントが寄せられている。

 石原といえば、過去に出演した『高嶺の花』(日本テレビ系)や『Heaven??ご苦楽レストラン?』(TBS系)で全話平均視聴率が二桁を超えず、苦い思いをしてきた。

 最近では多部未華子の主演ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)や綾瀬はるかが主演を務める『天国と地獄?サイコな2人?』(TBS系)が全話平均視聴率15%を超えているだけに、同世代の女優と比べられ、石原が“低視聴率女優”といわれることも。

“低視聴率女優”の汚名を返上したい石原。プレッシャーを跳ね除け、『恋はDeepに』で高視聴率を記録できるかに期待が集まる。
(文/愛知太郎)