三浦春馬「旭川いじめ自殺と同じ」アミューズ対応とファンの「風化させない運動」| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬「旭川いじめ自殺と同じ」アミューズ対応とファンの「風化させない運動」とは

三浦春馬「旭川いじめ自殺と同じ」アミューズ対応とファンの「風化させない運動」とは

三浦春馬「旭川いじめ自殺と同じ」アミューズ対応とファンの「運動」とは
socialfill

 今年7月に亡くなった、俳優の三浦春馬さん。

 三浦さんが亡くなってすでに9カ月が経過しているが、いまだに三浦さんの死に関しさまざまな憶測やデマが横行している。

 アミューズは27日「事実ではない事柄に基づく書籍の販売やSNS等を利用した発信」を批判するとともに、ファンに購入や拡散をしないよう呼びかける声明を公表し、そうしたサイトや書籍などを「名指し」した。

 中には「三浦春馬はCIAに殺された」などあまりにも非現実的な情報もあるだけに、アミューズが厳しく措置するのは当然といえるだろう。すでにいくつか訴訟にもなっているという。

「風化させない」といった声

 しかしファンの中には「そもそもアミューズが当日の時系列をきちんと説明していればこんなことになってない」「全て最初の事務所としての対応があまりにもずさんだったせいで春馬くんの純粋な多くのファン達は納得いかなくて今も尚悲しんでるんです」など、アミューズの初動対応に不満を持つ声はやはり少なくない。

 また、SNSでは相変わらず三浦さんの件を「風化させない」といった声もあり、トレンドに上がることもしばしばだ。

 社会的にも大きな衝撃があったことが、Twitterなどからもうかがえる。

「こうした風化させない運動というのはTwitterを中心に時折起こりますが、最近では旭川の中学生いじめ自殺事件に関しても『#旭川いじめ事件を風化させない』というワードがトレンドに上がり、多くの人が拡散しています。

こうした活動はデマなどを横行させるリスクこそあるものの、意義もあるということでしょうか」(メディア記者)

 謎と対応不満、そして尊い命の死……人が動く理由には十分だろうか。
(文/城島信二)