杏「戸田恵子がシッターの衝撃」東出に同情、唐田えりかは| Social Fill
カルチャースポーツ社会

杏「戸田恵子がシッターの衝撃」東出に同情、唐田えりかは…

杏「戸田恵子がシッターの衝撃」東出に同情、唐田えりかは…
socialfill

 4月28日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、東出昌大、唐田えりかの現在の活動状況を報じた。

 同誌によると、フジテレビ関係者が「『コンフィデンスマンJP』の第4弾が計画中で、今後のメインの仕事になりそう」と東出について語っている。杏については、10月放送予定の『日本沈没-希望の人-』(TBS系)への出演が決まっており、プライベートでは親交のある戸田恵子に、子どもを孫のようにかわいがってもらっているという。

 唐田は、2020年12月から月刊誌「日本カメラ」(日本カメラ)で連載を始めたが、同誌が5月号で休刊。最終回では、意味深なメッセージで締めくくっている。さらに唐田を長年支えたマネージャーが、田中みな実の担当で苦労した末、3月で退社したようだ。

主演映画『草の響き』が発表されたばかりの東出

 ネットでは東出に対して、「なんやかんや、不倫後も表舞台に出てるよね」「主演映画も公開されるし、仕事戻ってきてるね」といった声が上がっている。主演映画『草の響き』が発表されたばかりの東出。不倫前に撮影を終えた作品が不倫発覚後にも公開されており、世間的には騒動を起こしておきながらも仕事が順調のように見えるのだろう。

 杏へは「仕事もプライベートもがんばって」と、励ましの声が上がり続けている。子育てと仕事との両立に忙しそうな杏だが、親交のある戸田や父・渡辺謙らに支えられ、仕事も徐々に復帰しそうだ。

 唐田については、「日本カメラ」の最終回で、「大切なひとを通して、大切なものに出会った。私はもうあなたなしでも、あなたがくれた沢山の大切なものたちと、羽ばたくことができる」と綴ったポエムが波紋を呼んでいる。

 これに対して、「悲劇のヒロインぶらないで」「こんなところで発信することじゃない」など非難の嵐。また、「東出は『こんな重い女だったのか』と一層後悔していそう」といった東出の肩を持つようなをする声まで上がっている。

 これらを踏まえると唐田のみが苦しい状況に見える。このポエムのように、重い女キャラクターなどをうたってバラエティーで活躍するしかないのか。お世話になったマネージャーまで去ってしまったが、唐田の未来は果たして……。
(文/名古屋譲二)