ワンオクTakaと佐藤健「受難」井岡一翔疑惑&コロナ等で『るろうに剣心』不運すぎ| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • ワンオクTakaと佐藤健「受難」井岡一翔疑惑&コロナ等で『るろうに剣心』不運すぎるが…

ワンオクTakaと佐藤健「受難」井岡一翔疑惑&コロナ等で『るろうに剣心』不運すぎるが…

ワンオクTakaと佐藤健「受難」井岡一翔疑惑&コロナ等で『るろうに剣心』不運すぎるが…
socialfill

 4月23日に公開された映画『るろうに剣心 最終章 The Final』が受難だ。

 本来なら昨年公開になっていたのだが、新型コロナウィルスで1年延期。その後も出演者だった伊勢谷友介が大麻で逮捕されたりとゴタゴタがあった中で、要約公開にこぎつけたのに……。

 25日から東京、大阪、兵庫、京都の4都府県を対象にした緊急事態宣言が発令。大型映画館も軒並み休館となった。当然ながら興行への影響は避けられないだろう。世間からも「公開に漕ぎ着けた二日後から緊急事態宣言は流石に可哀想」「エンタメ全体が大打撃だな」などさまざまな意見が出ている。

『るろうに剣心』はその節目にふさわしい作品

 また、主題歌を歌うONE OK ROCKも残念具合は同じだろう。主演の佐藤健とボーカルのTakaは親友で知られ、今年はお互い所属のアミューズを退所し独立するという節目。『るろうに剣心』はその節目にふさわしい作品だった。

 とはいえロングラン上映は確実の人気作品。緊急事態宣言が明ければ十分に観客は殺到するはずだ。GWを逃した点以外は特に問題もないかもしれない。

 しかし、最近は佐藤やTakaの“周囲”でいろいろとあって……。

「伊勢谷友介さんが、映画公開とほぼ同時に『文春オンライン』(文藝春秋)のインタビューに応じたことが話題となりました。文春としても合わせてきたということでしょうか。