JRA岩田康誠「引退は」岩田望来のためにも…影響が甚大| Social Fill
カルチャースポーツ社会

JRA岩田康誠「引退は」岩田望来のためにも…影響が甚大な理由

JRA岩田康誠「引退は」岩田望来のためにも…影響が甚大な理由
socialfill

 JRA岩田康誠騎手が、24日のレースの返し馬で後輩の藤懸貴志騎手に「馬寄せ、暴言」をし、4日間の騎乗停止を言い渡された問題。

 すでに多くの情報が出ているが、岩田騎手がこれまでも後輩騎手に「暴言、暴力」をするのは日常茶飯事だったと、元JRA騎手の藤田伸二氏もYouTubeで語っている。藤懸騎手とはそれ以前の騎乗でもトラブルが起こっており、岩田騎手の今回の凶行問題につながったようだ。

 藤田氏によれば「4~5人の若手が被害を受けている」と暴露しているが、それが「いったい誰なのか」との声もある。特定作業も起こっているが、現状明らかになっていない。

息子の岩田望来騎手

 岩田騎手の今回の蛮行の最大の被害者は、藤懸騎手はもちろんとして、息子の岩田望来騎手だろう。

「2019年にデビューした望来騎手、今年は現在23勝でリーディング12位と躍進中ですが、父親の不祥事で肩身が狭くなってしまうのではないか、と心配されています。

藤田氏も語っていますが、今回の岩田騎手は『馬を武器にしている』という点もあり多方面で悪質なのは間違いありません。馬主はもちろん調教師や馬券を買ったファンなどなど……。

世間からは『引退を』という声もありますが、これまでの行動を考えると、ややメンタル的に不安定な部分もあるようなので、一度療養してもいいような気がしますね」(メディア記者)

 4日だけの制裁が、岩田騎手にとっても不幸な状況といえるのかもしれない。
(文/城島信二)