木下優樹菜BBQ炎上「必死に話題作り」忘れられないため| Social Fill
カルチャースポーツ社会

木下優樹菜BBQ炎上「必死に話題作り」忘れられないために…?

木下優樹菜BBQ炎上「必死に話題作り」忘れられないために…?
socialfill

 元タレントの木下優樹菜がまたも問題行動だ。

 25日、木下はインスタグラムのストーリーにバーベキューで酔った姿を投稿。「海鮮うま」「焼きたてんまぁぁ」というコメントや酔って眠っている写真もUPしている。

 東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に改正特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されたこのタイミングでの「バーベキュー豪遊」に、世間からは当然ながら怒りの意見が続出している。

騒然となるのは当たり前

 また「医療従事者を冒涜している」「医療の現場はギリギリでやっているのに、こういうニュースを見ると腹が立ちます」など、医療現場の人からも苦言がある。

 タピオカ騒動からの活動休止&引退、それでもインスタグラムは頻繁に更新したり、モデルになったりと世間をザワつかせる行動は継続している。

 世間をわざと逆なでしているのか、といえるほどの言動の数々。その上での今回の投稿ということで、騒然となるのは当たり前だ。

「堀江貴文さんも25日に路上飲み問題に『別に迷惑かけないならそれでいいっしょ』とTwitterで発言し、こちらもプチ炎上しています。

3度目の緊急事態宣言という深刻状況に国民もウンザリしている状況ですから、こうした言動がイチイチ注目されるのは仕方がないですね。それは誰でもわかる話なので、やはり話題作りなのかもしれません。

木下さんにいたっては一応引退していますしね。忘れられないように必死ともいえるかもしれません」(メディア記者)

 とりあえず、大人しくしておいてほしいものだ。
(文/堂島俊)