市川海老蔵「激怒」小林麻央さんとの豪邸売却「ウソ」に批判 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 市川海老蔵「激怒」小林麻央さんとの豪邸売却「ウソ」に批判の声殺到で…

市川海老蔵「激怒」小林麻央さんとの豪邸売却「ウソ」に批判の声殺到で…

市川海老蔵「激怒」小林麻央さんとの豪邸売却「ウソ」に批判の声殺到で…
socialfill

 4月20日発売の「女性自身」(光文社)が、歌舞伎俳優・市川海老蔵の豪邸売却について報じた。

 同誌によると、芸能関係者が「海老蔵さんが小林麻央さんとの新婚生活に備えてこの物件を購入したのは2009年12月。海老蔵さんは2億円で購入し、1億8千万円のローンを組んだが、完済されていない」と明かしている。

「YouTubeとかブログでも相当稼いでそう」

 2017年に麻央さんの闘病に適したバリアフリーのマンションに転居したが、後数カ月には麻央さんが逝去。その1年後、「子どもたちが大きくなるまでは家はそのままにと考えているのでは」といった報道があった。それが3年経ち、子どもが大きくなり売却に踏み切ったようだが、同誌で梨園関係者が「経済的な事情もあるでしょう」とも語っている。

 この報道に対してネットでは、「歌舞伎界は打撃を受けているだろうけど、家を売却するほどではないのでは?」「YouTubeとかブログでも相当稼いでそう」など、同誌の報道を否定する声も。

 海老蔵のYouTubeチャンネルは登録者数35万人を超え、動画も毎日のようにアップしており、YouTubeから高収入を得ていると考えるファンもいるようだ。

 また、「自宅というプライベートな部分まで根掘り葉掘り報道されてかわいそう」「土足でプライベートに入っているけど、良心ないんだろうな」と、ファンからは怒りの声が。さらに「ろくに取材もせずに適当に書いているんだろう」「思い出の家を売却するとは考えにくい」と、記事を信じてないファンもいた。

 そんなファンの疑念は、海老蔵が21日に晴らしてくれたようだ。海老蔵はブログに「麻央との家売ってないよ、売る予定もないよ」と綴っている。

 プライベートなことを報道し、さらにそれが誤ったことであると分かった今、ファンからは非難の声が上がり続けている。訴えられてもおかしくないが、果たして今後どうなるのだろうか。
(文/田中陽太郎)