新作『ガリレオ』新木優子抜擢に不満…三浦春馬さん想起コメントも | Social Fill
カルチャースポーツ社会

新作『ガリレオ』新木優子抜擢に不満…三浦春馬さん想起コメントも

新作『ガリレオ』新木優子抜擢に不満…三浦春馬さん想起コメントも
socialfill

 4月20日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が、『ガリレオ』(フジテレビ系)の撮影現場をキャッチ。続編の撮影がスタートしたという。

 主演を務める福山雅治の相棒役には新木優子が抜擢。このキャスティングに、フジテレビが新木をゴリ押ししすぎているのでは?と、批判的な意見も寄せられている。

 同誌は現場のスタッフと話し込む福山と、スーツを身にまとい福山の隣にスラっと立つ新木の姿を掲載。あるテレビ関係者によると、前作同様今回も映画とドラマの制作を同時並行して進めているという。

ノリに乗っている若手女優

 さらに、前作の放送から8年が経ち50代になった福山について「福山さんの世界はますます広がっています」と綴った。パワーアップした福山だけでなく、新たな相棒の新木がどんな演技を見せるのかにも期待が集まる。

 新木といえば今ノリに乗っている若手女優。2019年に放送された『モトカレマニア』(フジテレビ系)では、地上波ドラマ初主演を飾った。元カレを忘れられない“モトカレマニア”の主人公・難波ユリカを好演。

 もともとモデル活動を行っていた新木だが、ドラマ出演で人気に火がつきInstagramのフォロワーは418万人を突破。今後も様々な作品に出演することが予想される。

 そんな人気女優の新木が『ガリレオ』に出演することに対し、ネットでは「柴咲コウの方がよかった」「新木優子が相棒なの?残念すぎる」など、否定的な声が多数寄せられた。

 テレビ放送の平均視聴率は19.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と人気が高かっただけに、前シリーズで福山の相棒役を務めた柴咲コウや、ガリレオの若かりし頃を演じた三浦春馬さんに対する声が多く上がり、今作のキャスティングが賛否を呼んでいる。

 放送前から賛否両論の『ガリレオ』、人気は果たして……。
(文/名古屋譲二)