横浜流星「オワコン」川口春奈「今も低視聴率女王」新ドラマ低調| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 横浜流星「オワコン説」川口春奈「今も低視聴率女王」新ドラマ低調で暗雲

横浜流星「オワコン説」川口春奈「今も低視聴率女王」新ドラマ低調で暗雲

横浜流星「オワコン説」川口春奈「今も低視聴率女王」新ドラマ低調で暗雲
socialfill

 川口春奈と横浜流星主演『着飾る恋には理由があって』(TBS系)の初回視聴率が9.1%(ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。

 同ドラマは“着飾る”ことで居場所を得ているヒロイン真柴くるみ役。ルームシェアで価値観の違う人と出会うラブコメドラマ。人気上昇中の川口、イケメン俳優としてポジションを得ている横浜の共演ということで注目を浴びていたが、初回は2桁視聴率とはならなかった。

 ヒットドラマの多い「TBS火10枠」だったが、初回としては振るわない印象。

いろいろと悪夢もよぎる

 やはりいろいろと悪夢もよぎるようで。

「TBS系で川口さんといえば2013年の『夫のカノジョ』で当時のれきだい最低視聴率3.0%等を出して打ち切りになったことが。この後しばらくは川口さんは『低視聴率女王』のレッテルを貼られることとなってしまいました。