ひろゆき「N国立花孝志糾弾に反論」堀江貴文参戦と「2ちゃんねる賠償金支払っていない」事件| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • ひろゆき「N国立花孝志糾弾に反論」堀江貴文参戦と「2ちゃんねる賠償金支払っていない」事件とは

ひろゆき「N国立花孝志糾弾に反論」堀江貴文参戦と「2ちゃんねる賠償金支払っていない」事件とは

ひろゆき「N国立花孝志糾弾に反論」堀江貴文参戦と「2ちゃんねる賠償金支払っていない」事件とは

 最近話題の西村博之(ひろゆき)氏に、またもゴタゴタが……。

「NHK受信料を支払わない方法を教える党」の立花孝志氏が19日、自身のTwitterで「西村博之は、4億円を踏み倒した、極悪人。こんな人間が公共の電波【テレビ】を使って、偉そうに他人に説教しているのが許せない。昨年4月に民事執行法が改正されているので、西村博之が、日本に戻って来た時点で、財産差押さえが出来ないか?弁護士と検討しています。」と衝撃のツイート。

 そこからさらに「みなさん。4億円ですよ。それだけ多くの被害者がいるのです。支払い能力がない人なら、無視するのも仕方ないと思いますが、西村博之には、4億円以上の財産があるはずです。こんな人間に、「ゆたぼん」が中学校に行かないって説教されたくない。」「西村博之が過去の不法行為に対する責任を取ってから、テレビで偉そうにコメントするのはよいですが、4億円踏み倒したまま、その過去を知らない世代の若者に偉そうにアドバイスしているのを阻止しないといけないと思っています。」「元2チャンネル創設者西村博之に裁判勝って、判決持っている方を探しています。10年の時効が来ていても大丈夫です。ご連絡頂ければ、幸いです。」などと連投した。

多額の賠償金は「無視し続けた」と公言

 さらにこの立花氏のツイートに、実業家の堀江貴文氏がリツイート。

 立花氏は「私のツイートをホリエモンこと堀江貴文さんがリツイートしてくれています!多くの国民の皆さんに真面目に考えて頂きたい!西村博之が踏み倒している、4億円の裁判判決の後ろには、多数の被害者【裁判で勝った被害者】がいる事を!」とテンション高めにコメントした。堀江氏は先日、ひろゆき氏とSNS上で「絶縁宣言」をしている。

 ひろゆき氏といえばその“論破力”で話題だが、「2ちゃんねる」創設者として世に出た。ユーザーの数多くの悪質な書き込みによって管理者として裁判を起こされて敗北しているが、多額の賠償金は「無視し続けた」と公言。

 その後プロバイダ責任制限法が制定され、今は書き込みを削除すれば管理者としての責任は問われないようなのだが、当時はそういった法律がなかったようだ。賠償金を差し押さえられなかったのは「強制執行する財産が当時はなかったから」と本人は語っていた。

 今はYouTube等も含めて大いに稼いでいるひろゆき氏だが……今後どうなるのだろうか。ひろゆき氏の反論に注目だ。