松村沙友里卒業=引退か「西野七瀬ら苦境」乃木坂46メンバー“その後”見て | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 松村沙友里卒業=引退か「西野七瀬ら苦境」乃木坂46メンバー“その後”見て…

松村沙友里卒業=引退か「西野七瀬ら苦境」乃木坂46メンバー“その後”見て…

松村沙友里卒業=引退か「西野七瀬ら苦境」乃木坂46メンバー“その後”見て…
socialfill

 乃木坂46松村沙友里が、6月9日発売の27枚目シングルの活動をもってグループから卒業することを発表した。

 松村は2011年加入の1期生で、ここへ来て卒業を決断。「卒業しようと考えだしたのは実は結構前なんですけど、見送りたい子の卒業を見送ってから、自分も卒業できればと思っていました」「乃木坂に入って、もうちょっとで10年。楽しいことばかりだったし、大好きなファンの皆さんにもたくさん出会えました」とした。

バリバリ働く気持ちはそこまでない発言

 また「一応、芸能活動を続ける予定ですので、その後もぜひ応援していただければ」と、引退こそしないもののバリバリ働く気持ちはそこまでない発言もしている。年齢も28歳と考えれば、タレント活動の区切りというのもあるかもしれない。

 また、松村といえば14年10月には出版社勤務の妻子ある男性とのデートや飲酒後の路上キスを「週刊文春」(文藝春秋)に報じられている。一時は“卒業”ともいわれたが、その後も活動を継続。ファンサービスも旺盛で、見事の印象を回復させている。

 今後もタレントとして活動をできそうだが、バリバリにはやらなさそうだ。

「スキャンダルもありましたので『結婚するのかな』という声もあります。もちろん、情報はありませんが。

また、AKBや坂道グループで卒業後も大活躍できる人はごく少数です。白石麻衣さんでもさほど目立ちませんからね。西野七瀬さんも一時期ほどは騒がれていません。松村さんも今後を見つめる期間ということでしょうか。

いずれにせよ、人気メンバーが次々卒業する坂道ですので、今後は心配ですね」(メディア記者)

 いばらの道は選ばなくてもいいだろう。
(文/城島信二)