新垣結衣「枕営業説まで…」ヘキサゴン“出演時期”とマリエとばっちり | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 新垣結衣「枕営業まで…」ヘキサゴン“出演時期”とマリエとばっちりとは

新垣結衣「枕営業まで…」ヘキサゴン“出演時期”とマリエとばっちりとは

新垣結衣「枕営業まで…」ヘキサゴン“出演時期”とマリエとばっちりとは
socialfill

 女優の新垣結衣が、2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演することがわかった。

 新垣が演じる八重は、主人公である北条義時(小栗旬)の初恋の人、という役柄。新垣は大河初出演ということで、大きな注目を浴びている。

 数多くのCMに出演し『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)などドラマのヒット作も多数だ。30歳を超えた現在でも多大なる人気を有している。

 いまだ清純派というルックスやイメージはもちろん、私生活が見えない部分なども人気の秘訣か。

 一方で、所属事務所のほうは今、ゴタゴタしているが……。

マリエの暴露…

「タレントのマリエさんが、過去に島田紳助さんに枕営業に誘われた、と暴露し、話題になっています。

マリエさんが所属するのがレプロですが、新垣さんと同じですね。マリエさんは枕営業を断ったことを事務所に伝えると『金輪際、仕事来ないけどいい?』『あそこの(テレビ)制作会社と縁切ったら』などと言われたことも明かしています。

レプロといえば能年玲奈(のん)さん、清水富美加(千眼美子)さんなど時折こうしたトラブルがあります。同じく所属する新垣さんにも『まさか……』なんて声が出てしまっていますね。

ちなみにマリエさんの騒動は15年前。新垣さんもその時期『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)に出演していました。時期は重なっていますが……」(メディア記者)

 トバッチリもいいところだが、芸能界の闇はやはり深い。
(文/ジェシー中目黒)