橋本愛「極悪性格」騒音おばさん事件に…以前からウワサ | Social Fill
カルチャースポーツ社会

橋本愛「極悪性格」騒音おばさん事件に…以前からウワサも

橋本愛「極悪性格」騒音おばさん事件に…以前からウワサも
socialfill

 4月13日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が、大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)に出演している女優・橋本愛の騒音トラブルを報じた。

 同誌によると、橋本が地元・熊本県に帰る際に、熊本市内に住む祖母のマンションを訪れるようだが、橋本や祖母とマンション住民の間で問題が起こっているという。

 祖母が暮らす部屋の下の階に住む夫妻が「昨年8月頃から騒音が始まり、1月上旬には深夜12時半に、苦情を言いに行ったら、年配の女性(橋本の祖母)から『うるさいなら、一軒家に引っ越したら?』と言われました」と明かしている。

過去にはドラマや映画のオファーが数多く届いた

 さらに3月上旬にも騒音がうるさく、警察に通報。その2日後に騒音が発生して上の階に行くと橋本と鉢合わせ、声をかけたら「忍び足で過ごせって言うんですか」などと逆ギレ状態だったようだ。

 ネットでは、橋本に対して「何回も苦情きてるんだから、おとなしく過ごせよ」「祖母ともども、どうかしてる」と批判の嵐。また、「逆ギレって、たちが悪い」「芸能人だから偉いとか思ってそう」と、橋本の性格を非難する声も寄せられた。

 実は、橋本の性格の悪さは過去に話題になったことがある。それは、テレビから一時期姿を消していたことがあったからだ。

 橋本は、2013年に出演した朝ドラ『あまちゃん』(NHK) などで演技が評価され、ドラマや映画のオファーが数多く届いたはず。しかし、テレビへの出演がめっきり減り、世間からは“消えた存在”となってしまった。

 そして、ウワサが独り歩きして、「性格が悪くて、テレビ関係者から嫌われている」「性格を理由に干された」などの憶測が飛び交った。映画作品ばかりに出演していたことや、ドラマ番宣のためにバラエティー番組に出演することが苦手だったこと、仕事をセーブしてドラマ出演を見合わせていたことが理由だったようだ。

 しかし、ウワサの印象が残っている人の中には、「やっぱり性格悪いんだ」と思ってしまう人もいるだろう。こういう時、週刊誌がこぞって悪行を探して報道するものだが、果たして……。
(文/愛知太郎)