松本人志「小室圭触れてマリエ暴露触れず」ワイドナショー「フジ外貨規制違反」はスルー | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 松本人志「小室圭触れてマリエ暴露触れず」ワイドナショー「フジ外貨規制違反」はスルーの壮絶

松本人志「小室圭触れてマリエ暴露触れず」ワイドナショー「フジ外貨規制違反」はスルーの壮絶

松本人志「小室圭触れてマリエ暴露触れず」ワイドナショー「フジ外貨規制違反」はスルーの壮絶

 11日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、28枚もの文書を提出した小室圭さんについて取り上げた。

 秋篠宮家の長女眞子さまとの結婚問題が解決せず、母佳代さんの借金問題などについてのマスコミの報道を否定する内容の文書を出した。

 これに対し神田愛花は「私たちそんなに小室圭さんに時間を割けないじゃないですか」とバッサリ。

「無視すべきでないことを無視した」

 ダウンタウンの松本人志は「どうせならあと2枚がんばれよ!」と、30枚にすべきだったのではないか、と発言し笑いを誘った。

 また「自分の娘が『あいつ大丈夫か?』という男でも、長い手紙をもらったらちょっと感動する」と、小室さんの行動にもある程度の理解を示している。

 小室さんの超長文行動は世間でももはや「ネタ」になっているが、一方で同番組は「無視すべきでないことを無視した」と突っ込まれている。

「放送するフジテレビの外貨規制問題ですね。外国人議決権比率が一時20%を超える法律違反があったことについて、佐々木恭子アナウンサーがニュースを読み上げただけで出演者にはコメントを求めず、すぐ次の話題にいってしまいました。

ネット上でも『即スルーですか』『さすがゴミ放送』『みんなが聞きたいことは掘り下げずどうでもいいことを掘り下げる番組』等のコメントがあります。

また、先日より騒動になっているタレントのマリエさんの『18歳の頃に島田紳助さんに枕営業に誘われた』と暴露し、出川哲朗さんらにも飛び火しています。紳助さんと仲の良かった松本さんや東野幸治さんにも注目が集まっているのですが……『ワイドナショー』では取り上げられなかったですね」(メディア記者)

 触れるべきところは触れず、どうでもいいところばかりを触れているようだ。
(文/堂島俊)