» ひろゆき「自殺者に同情しない」木村花さん逝去も「間違っている」と語る
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • 社会
  • ひろゆき「自殺者に同情しない」木村花さん逝去も「間違っている」と語る

ひろゆき「自殺者に同情しない」木村花さん逝去も「間違っている」と語る

ひろゆき「自殺者に同情しない」木村花さん逝去も「間違っている」と語る
PhotoAC

「2ちゃんねる」創設者の西村博之(ひろゆき)氏が、拡大する「誹謗中傷」と「自ら命を絶つ」ことに関し、持論を展開した。

 人気番組『テラスハウス』の出演者・木村花さんが23日、視聴者からの度重なる誹謗中傷を受け、逝去したことが発表された。その後の調べで遺書も残されており、自ら命を絶ったと見られている。

 これに関してなのか、ひろゆき氏は25日「理由がなんであれ、自殺は間違いです」と自身のTwitterで持論を展開。「死ぬと世間が同情してくれるという理由で死ぬ人が出るので、自殺は間違っだ判断だと言う必要がある」と続けた。

誹謗と中傷の違いも分かってない人のほうが多い

 ひろゆき氏はこのつぶやきにwebメディア「yutura」のインタビューを添付。インタビュー内でも、式会社ギルドで「ギルドマスター」を務める高橋将一氏との対談で「自分には誹謗中傷はあまりない」「誹謗と中傷の違いも分かってない人のほうが多い」など持論。そして「自殺で亡くなった人を擁護すべきではない」と続けている。詳細はぜひインタビューをご覧いただきたい。

 これまでも独自の視点で時事ネタを切り、時に物議も醸してきたひろゆき氏だが、今回も自らのスタンスは崩していない。

 これに対し世間からも「死んだら名誉挽回はできない」「確かにそうだよね」「逃げてもなんでもいいから生きるべき」「まったく同感」と、支持する声が多数。自ら命を絶つことに否定的な意見は確かにある。