三浦春馬「自死前日」の異様…『カネ恋』現場での新たな情報| Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「自死前日」の異様…『カネ恋』現場での新たな情報が…

三浦春馬「自死前日」の異様…『カネ恋』現場での新たな情報が…
socialfill

 昨年7月にこの世を去った三浦春馬さんが、5日に31歳の誕生日を迎えた。

 ファンの間では「おめでとう」の声が殺到している状況であり、改めてその急逝を惜しむ声は後を絶たない。

 また、改めてその謎の多い死に対する疑問も消えてはいない。当日の時系列の謎やアミューズによる過労疑惑、親族との関係などこれまで数多くの情報が出続けている。

 しかし、自死というドメスティックな性質上、最後まで真実が明らかになることはないだろう。いやだからこそ、ここまで尾を引いているともいえるわけだが……。

三浦さんの「死の直前の姿」

 また、明らかになってきた、三浦さんの「死の直前の姿」にも改めて注目が集まっている。

「三浦さんは亡くなる直前まで『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の撮影をしていました。松岡茉優さんとW主演でした。

死去の前日も現場で松岡さんと熱心に議論を交わしており『翌日のスケジュールの確認もしていた』とのことです。それだけに、翌日の訃報の際に松岡さんは現実を受け入れられなかったようです。当然ですね。

三浦さんは『海外挑戦』なども考えていたようで、確実に“未来”を見据えていたことがわかります。だからこそ受け入れられないファンが多数ということでしょう。無論『カネ恋』の際の激ヤセは明らかでしたが。

亡くなる直前まで普通に会話をし、現場で“先”を見据えていた三浦さん。やはり信じられません」(メディア記者)

 まだ現実感のない人も多いに違いない。
(文/城島信二)