長澤まさみ「干され記事」に猛批判…綾瀬はるかも迷惑| Social Fill
カルチャースポーツ社会

長澤まさみ「干され記事」に猛批判…綾瀬はるかも迷惑か

長澤まさみ「干され記事」に猛批判…綾瀬はるかも迷惑か
socialfill

 先日の日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を獲得した、長澤まさみ。

 今や映画女優として数多くの人気作品に出演する彼女だが、そんな長澤に関する記事に怒りの声が殺到している。

 それが、3日に公開された「現代ビジネス」の「女優・長澤まさみさんがまさかの崖っぷち…?TBS局内で囁かれる「ある噂」」という記事である。

 内容は、4月スタートの日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)に長澤が出演するが、ライバル女優である綾瀬はるか主演の『天国と地獄~サイコな2人~』を先に放送し、長澤が“後回しにされた”というもの。

 結論としては、近年長澤はドラマでヒット作がないのがネックということらしい。

綾瀬はるかさんも長澤まさみさんも一流の女優

 ドラマ視聴率では綾瀬のほうが上なのは確かではあるが、案の定記事には否定的な見解が多い。

「世間からは『悪意と偏見に満ちた悪質な記事、綾瀬さんももちろん素晴らしい女優さんだけど長澤さんも素晴らしい』『綾瀬はるかさんも長澤まさみさんも一流の女優であることに変わらない』『ドラゴン桜の延期はコロナのせいでしょ』『ドラゴン桜は阿部寛が主演』などと総ツッコミの様相です。

『現代ビジネス』らしからぬ粗の多い記事でしたが、長澤さんと綾瀬さんは映画『海街diary』で共演し親交もあるようですから、イチイチライバル扱いされるのもしんどいでしょうね」(メディア記者)

 どちらも魅力的でいいじゃない、ということで。