杉原杏璃離婚理由「評判最悪」バーニング息子と事件 Social Fill
カルチャースポーツ社会

杉原杏璃離婚理由「評判最悪」バーニング長男の素性と事件

杉原杏璃離婚理由「評判最悪」バーニング息子の素性とは
socialfill

 グラビアタレントの杉原杏璃が、離婚したことが2日、わかった。

 2018年に音楽出版会社の代表取締役の40代男性と結婚。関係者は「結婚後に生活のすれ違いがあり、別れを選んだようです」「2人の間柄は現在も良好で、また友人に戻ったと聞いています」などとコメントしている。

 杉原はグラビアで人気を獲得し、近年は株など財テクでも有名で、講演やYouTubeでもその知識を披露していた。

バーニング・周防郁雄社長の長男

 今回の離婚には「自立してるなら、離婚は打撃にならないと思うから生きやすい」「経済的に自立できているからできる離婚でもあると思える」と、杉原が自身で稼げる人物だからではないか、という意見も。

 お相手は芸能界のドンといわれるバーニング・周防郁雄社長の長男の彰悟氏でした。

典型的なお坊ちゃまで周防氏も溺愛しているためか、これまで多くのトラブルがウワサされた人物です。

父のコネが強すぎるからこその立場にいますが、度重なる女性問題で有名ですでにバツ2でした。父親の威光ありきの人物で、杉原さんには『大丈夫なのか』と元から心配の声はすごく多かったんです。

また、杉原さんのように自身のグラビアと株知識などで生き抜いてきた人には、そうしたお坊ちゃまでは物足りなかったのでは、という意見もあります。コロナ禍で多くの芸能事務所が苦しくなっているのも一端でしょうか」(メディア記者)

 いずれにせよ、離婚すべくして離婚した2人ということだろうか。
(文/堂島俊)