北村匠海「伊藤健太郎との関係」月9早撮り | Social Fill
カルチャースポーツ社会

北村匠海「伊藤健太郎との関係」月9早撮りに不安の声

北村匠海「伊藤健太郎との関係」月9早撮りに不安の声
socialfill

 4月から新月9ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)が放送開始となるが、すでにその次のクールで放送となる作品の撮影が行われているようだ。

 3月30日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)は「月9が1年先まで撮影済み フジテレビが憂う“爆弾スキャンダル”」と題した記事を掲載し、早くも今年7月放送となる月9の撮影が行われていることを報じた。出演陣の中には北村匠海の姿もあったという。

 ドラマの場合、放送開始の1か月ほど前にクランクインするのが通常だというが、働き方改革や新型コロナウイルスの影響もあってか、芸能界も早め早めの動きを見せているそう。はたから見れば賞賛すべきことにも思えるが、これには大きなリスクを伴うことも考えられる。

 同誌にもある通り、大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)では沢尻エリカの薬物使用による逮捕や、『教場Ⅱ』(フジテレビ系)では出演予定だった伊藤健太郎の道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いによる逮捕など、キャストの出演中止が相次いだ。これにより局側は急遽代役、差し替えの対応をとらざるを得なくなったのだ。

公私ともに関係性の深い“親友”

 北村は現在、ドラマや映画、バラエティ番組での活躍はもちろん、ダンスロックバンド・DISH//としての歌手活動も絶好調。人気俳優なだけにスケジュール確保のためだろうが、ある意味 「これだけ前から準備してるんだから、変なこと起こすなよ」と、監視の意図を含めた不祥事を防ぐための局側の策なのかもしれない。

 2020年10月の逮捕後すぐに釈放され、先日不起訴処分となった伊藤と北村は、公私ともに関係性の深い“親友”としても知られている。北村の心情はかなり複雑だったことだろう。逮捕後2人の間に変化があったかは不明だが、不起訴処分になったことでまた連絡を取り合うなど元通りの関係性になるのではないだろうか。

 逮捕以来、過去のヤンチャな素振りや天狗のような態度など、様々なウワサをたてられてきた伊藤。そんな彼と親友関係であるがゆえに、局側もより一層北村への監視体制を強めた動きをしているのかもしれない。

 北村もよろしくない方向に巻き込まれないといいのだが……。何事もないまま、7月の月9の放送を迎えられることを願いたい。
(文/豊橋豊)