麒麟川島『ラヴィット』視聴率まだ下落…加藤浩次「安堵」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 麒麟川島『ラヴィット』視聴率まだ下落…加藤浩次「安堵」と立川志らく「嘲笑」

麒麟川島『ラヴィット』視聴率まだ下落…加藤浩次「安堵」と立川志らく「嘲笑」

麒麟川島『ラヴィット』視聴率まだ下落…加藤浩次「安堵」と立川志らく「嘲笑」
socialfill

 朝8時台の情報バラエティ番組は26日までに、小倉智昭さんが司会を務める『とくダネ!』(フジテレビ系)が22年におよぶ歴史に終止符を打ち、立川志らくさんが司会の『グッとラック!』(TBS系)も終了するなどした。

 他にも、加藤浩次さんが司会の『スッキリ』(日本テレビ系)では、加藤さんをサポートするMCの布陣が変更となるなど、29日からは民放各局が新たな形での放送をスタートさせた。

 そして、30日に分かった29日放送の各番組の視聴率は、『羽鳥慎一 モーニングショー』(テレビ朝日系)が10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、『スッキリ』が8.8%、『とくダネ!』の後継で谷原章介さんがMCの『めざまし8』が6.2%、『グッとラック!』の後継でお笑いコンビ・麒麟の川島明さんがMCの『ラヴィット』が2.7%だったことが分かった。

 単純な横並びでの比較で『ラヴィット』は圧倒的最下位であるだけでなく、直近4週の『グッとラック!』の平均視聴率3.5%と比べても0.8ポイントも劣る結果だった。

加藤浩次は安堵?

「加藤さんは、3月いっぱいで吉本興業とのエージェント契約が終了し、なおかつ裏番組で吉本芸人が大勢出演する『ラヴィット』が躍進することで、今秋の番組改編で『スッキリ』が打ち切りになるのではなどと噂されていただけに、この結果には安堵しニヤリとしていそうですね。

 また、視聴率の低迷を最たる要因として番組終了の憂き目に遭った志らくさんも、26日の『グッとラック!』最終回では恨み節を語っていただけに、さらに低い数字を記録してしまった『ラヴィット』の様子をゲラゲラと嘲笑している可能性が高いかと。

 個人的にも『ラヴィット』はセットがうるさく感じ、扱う内容もニュースや芸能ネタは皆無で面白みに欠け、少し見ただけでチャンネルを変えてしまいましたからね」(メディア記者)

 今秋の番組改編で打ち切りが決まるのは『スッキリ』ではなく『ラヴィット』の方かもしれない。
(文/真田忠一)

「ライター紹介」
某タレント事務所で10年弱マネージャー経験あり。野球、競馬、プロレス大好きの昭和のおっさん。