木村拓哉「工藤静香に疑問」娘2人への批判に心配 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

木村拓哉「工藤静香に疑問」娘2人への批判に心配も当然か

木村拓哉「工藤静香に疑問」娘2人への批判に心配も当然か
socialfill

 俳優の木村拓哉と工藤静香の関係に亀裂が……。

 長女Cocomi、次女Koki,が海外ブランドのアンバサダーを務めたり、SNSで家族関係を表に出したりと、世間から批判もありながらも常に反響は小さくない木村家。

 そして、そうした「家族プロデュース」を一手に仕切っているのが工藤といわれている。木村もインスタグラムで発信をしているが、本人よりもやはり目立つのは工藤の存在感といえる。

 そんな妻と娘の動向に、木村が複雑な思いを抱いているという記事が「週刊女性」(主婦と生活社)に掲載されている。

 記事によれば、木村は工藤の紹介によって娘2人の仕事が増えていることを喜びながらも「親の七光り」であることを気にかけており「地道に努力してほしい」という願いとは裏腹の状況に疑問を抱き、娘たちを心配しているそうだ。

「世間の反応」が気になるのではないか

 Cocomiは20歳、Koki,が18歳ということで、一般ならそろそろ“進路”を考えたりもする年齢ではある。父親として心配するのは自然なことだろう。

 ただ、それ以上に「世間の反応」が気になるのではないか、という意見もある。

「CocomiさんもKoki,さんも『ごり押し』『七光り』などネット上ではかなり厳しい意見にさらされています。工藤さんの存在感が増せば増すほど、その傾向は強まっています。

木村さんとしても『一度フェードアウトすれば』と考えても不思議ではないですよね」(メディア記者)

 鉄の絆のように見える家族プロデュースにも変化が?
(文/中山伸介)