長瀬智也「相武紗季との真剣」クドカン修行と「家族関係」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 長瀬智也「相武紗季との真剣」クドカン修行と「家族関係」記事に衝撃

長瀬智也「相武紗季との真剣」クドカン修行と「家族関係」記事に衝撃

長瀬智也「相武紗季との真剣」裏方と「家族関係」記事に衝撃
socialfill

 3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所するTOKIOの長瀬智也

 ドラマ『俺の家の話』(TBS系)の放送も終わり『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)でも“卒業”の企画が行われるなど「芸能界引退」ともいわれている長瀬のはなむけともいえる企画が続いた。

 今後は「裏方」として活動するということだが、発売中の「女性自身」(光文社)によれば、今後は『俺の家の話』でも脚本を務めた宮藤官九郎に“裏方弟子入り”をするという情報もある。詳細は本誌を御覧いただきたい。

 俳優やアーティストではなく“裏方”という点に非常にこだわっているのがうかがえる長瀬。あまりにも未練なく表舞台を去る姿が印象的だが、「週刊女性」(主婦と生活社)にはその志向を裏付けるような記事が出ている。

アノ女優との真剣交際

 記事によれば、長らく退所を考えていた長瀬は、山口達也の騒動で決断を下したという。離婚後支えてくれた母の世話をしたい思いや、実父がレーシングドライバーの立場をあっさり捨てた姿にも憧れを抱いているという。

「また、過去に交際が報じられた女優の相武紗季さんを親御さんに会わせていた、という情報もありました。

常に“結婚間近”という情報が出ていた2人ですが、それだけ真剣だったということでしょうか。破局時には大きく報じられましたし、その後相武さんは一般人と結婚。こうした部分も『ジャニーズアイドルだから』という枷があったからでしょうか」(メディア記者)

 いずれにせよ、表舞台を去る理由はしっかりあるようだ。
(文/堂島俊)