佐藤健「三浦春馬にないもの」独立の動きから | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 佐藤健「三浦春馬にないもの」アミューズ独立の動きからわかる“違い”とは

佐藤健「三浦春馬にないもの」アミューズ独立の動きからわかる“違い”とは

佐藤健「三浦春馬にないもの」独立の動きからわかる“違い”とは
socialfill

 先日、所属事務所アミューズからの独立が発表された俳優の佐藤健

 後輩の神木隆之介とともに新会社を設立し、代表には佐藤のマネージャーを務める千葉伸大氏が就任するという。

 千葉氏は佐藤を売れっ子俳優にしたまさに立役者であり、周囲からは「いつ寝てるんだ」といわれるほどの猛烈な人物のようだ。佐藤が全幅の信頼を寄せるのも当然といえる。

 また、アミューズはサザンオールスターズ、福山雅治、星野源など超がつく人気アーティストが多数所属しており、収益的には俳優部門よりはるかに効率的に多額を稼げる。エース格である佐藤らの独立も“怖くはない”ということかもしれない。

佐藤と「アノ俳優」との違い

 また「本人が以前から独立を提案していた」というように、自分のポジションや価値を認識する佐藤の頭の良さやしたたかさも感じられる。芸能界はイメージとは異なり、より人間関係の構築が重要な世界。世渡りは一つのスキルともいえる。

 また、一連の動きから、佐藤と「アノ俳優」との違いを感じる人もいるようだ。

「同じくアミューズ所属で昨年亡くなった三浦春馬さんと佐藤さんは長らく『親友』という扱いでした。

しかし、近年関係が希薄化していた点やこうした独立の動きなどから『まるで真逆の人物』という印象もあるようです。

お互い表現力が豊かというのは共通しますが、器用でクールな印象と佐藤さんと、職人肌で情熱的な三浦さんといいますか……性格が大きく異なるからといって不仲というわけでもないでしょうが、あまりにも別の雰囲気が感じられるということですね。

今の状況の違いも、そういったところから来ているのか……」(メディア記者)

 芸能に限らず、業界の向き不向きというのはいかんともしがたいが……。
(文/城島信二)