松山ケンイチ「悲痛」三浦春馬語る「心臓の痛み」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

松山ケンイチ「悲痛」三浦春馬語る「心臓の痛み」とは

松山ケンイチ「悲痛」三浦春馬語る「心臓の痛み」とは
socialfill

 27日「MOVIE WALKER PRESS」で27日、映画『ブレイブ -群青戦記-』の本広克行監督と、俳優の松山ケンイチが対談が公開された。

 同映画で織田信長を演じた松山。監督は「信長がいて、ピリピリした感じが出て、すごく良かった」と語り、本人も「大人しい信長やセクシーな信長、威圧感のある信長など、時代によって求められている信長像は違うんだなと思いました。それで、いまみんなが想像する信長像は、たぶん自分が思うものとそんなに遠くないだろうと」と役作りについてコメントをしている。

「心臓が痛くなりました」

 その後、他出演者や主演の新田真剣佑についてなども2人ともコメントをしているのだが、徳川家康役で出演し、昨年7月に亡くなった三浦春馬さんに関しても思いを綴っている。

 松山は「すごくバランス感覚が鋭い人だなと思いました。思えば、あの2つの時代をつないでいたのは家康だったのではないかと」とその演技を絶賛。

 その上で、突然の訃報に大きな衝撃を受けたとも。