三浦春馬「最後の作品」判明…Netflixの“希望” | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「最後の作品」判明…Netflixの“希望”とロングラン

三浦春馬「最後の作品」判明…Netflixの“希望”とロングラン
socialfill

 昨年7月にこの世を去った、俳優の三浦春馬さん。

 亡くなってそれなりに時間が経過はしているものの、映画『ブレイブ-群青戦記-』が2週間前に公開されるなど、いまだ彼の新しい演技を目にする機会も多い。

 それだけ三浦さんが多忙だったという証明でもあり、ファンでなくても「いつまで作品が見られるんだ」とある意味愕然としている様子ではある。

 実際のところはどうなのか。

最後に演技した映像作品

「三浦さんは映画『ブレイブ』が最後の映画作品とのことです。亡くなる直前まで」撮影していた『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)が、最後に演技した映像作品ということになります。

また、最近撮影が始まった映画『コンフィデンスマンJP』の最新作では、未公開映像等で出演するのではないか、という意見もあります。竹内結子さんも同じくですね。2人とも重要な役どころでしたから……。

あとは舞台に三浦さんは力を入れていたので、生前残っていた仕事は舞台関連だったようですね。いずれにせよ多忙なのは間違いありません。

Netflixなど海外の動画配信サービスなどで『実は撮影していた作品とかないのか』という願望もありましたが、いよいよ新作はなさそうですね……」(メディア記者)

 寂しくはあるが、誕生日の4月5日には主演映画『天外者』が全国70の映画館で特別上映される。

 ファンが三浦さんに触れる機会はまだ多くあるようだ。