三浦春馬竹内結子「代役拒否」コンフィデンスマンJP | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬竹内結子「代役拒否」コンフィデンスマンJPが定まらないワケ

三浦春馬竹内結子「代役拒否」コンフィデンスマンJPが定まらないワケ
socialfill

「週刊女性」(主婦と生活社)が、女優の長澤まさみ主演映画『コンフィデンスマンJP』第3弾の撮影をスタートさせたと報じた。

 海外ロケができないので、今回は「海外っぽい国内の場所」で撮影。

 世界を股にかける詐欺師たちを描いた物語だが、海外ロケができないことから、これまでの2作品と比較すると明らかにスケールダウンするのでは、と危惧されているようだ。

 また、あの2人の俳優がいないダメージの大きさもやはり隠せていない。

三浦春馬さん(ジェシー)と竹内結子さん(スタア)

 それが、三浦春馬さん(ジェシー)と竹内結子さん(スタア)だ。2人は昨年唐突に亡くなってしまい、世間の衝撃はあまりにも大きかったが、それは2人が共演していた『コンフィデンスマンJP』も同じだったようだ。一部では第3弾は2人を中心に描くつもりだった、という話もある。

 また、同格といえるレベルの代役を見つけるのも至難の業であり、誰もやりたがらないという問題が……。

「ファンからは『簡単には代役を見つけられないでしょう。お二人ともそれだけ人の記憶に残る、素晴らしい忘れられない俳優さんでした』『同じ人はいないし春馬君のジェシーの色気のある雰囲気出せる人は難しい 結子さんの華やかさと明るさ艶っぽい雰囲気出せる人も難しい』『春馬さんも竹内さんも唯一無二の存在で代わりなんて見つからない存在』などという声が多いです。

代役となるととんでもないプレッシャーですし、無意味に叩かれかねないことを考えればなかなか積極的にやりたいという役者もいないでしょうね。

新キャラでいくほうが無難だとは思います」(メディア記者)

 2人は回想などで登場する可能性もあるようだが……注目である。
(文/堂島俊)

「ライター紹介」
大学卒業後、ライター業を中心に活動。多くの媒体での執筆経験、芸能の造詣の深さあり。