永山瑛太独立「離婚兆候」飲酒・不倫など | Social Fill
カルチャースポーツ社会

永山瑛太独立「離婚兆候」飲酒・不倫などトラブル多々で…

永山瑛太独立「離婚兆候」飲酒・不倫などトラブル多々で…
socialfill

 20年在籍の事務所からの独立で掘り返される「飲酒問題」。

 25日、俳優の永山瑛太(38)が20年間所属した事務所パパドゥを退社すると発表された。

 20年という節目の年に退社となる永山だが、自身のホームページにて「私がここまで俳優を続けてこられたのも、応援してくださった方々、パパドゥのスタッフの方々に支えられてきたからです」とし、「一言では感謝しきれない想いでいます」と事務所に感謝を伝えた。

 3月末で退社し今後は個人事務所で活動していくという事だが、同じく永山のホームページに記された「株式会社パパドゥ・スタッフ一同」からのコメントには「弊社との専属契約を満了し、円満に退社する事になりました」「独立という道を選んだ永山瑛太への変わらぬご声援と共に、更なるご指導ご鞭撻をいただけますよう心よりお願い申し上げます」と円満退社である事を告げた。

残念な人になってしまった

「所属事務所から離れて止める人がいなくなるのでは」

 この報道にネット上では、過去に一部週刊誌報道などで、たびたび酒癖の悪さを報じられてきた永山に歯止めが効かなくなるのでは、とするコメントが多く、「事務所が瑛太の酒癖から距離をおいた」「事務所に守られてたのに」「演技に集中出来る環境の方が良いのでは」など個人事務所での活動に批判的な声が挙がる。

「だんだん悪い噂が出てきて、残念な人になってしまった」

「依然、俳優として演技の評価は高いのですが、酒癖の悪さを報じられてからイメージは大分変わってしまいましたね。

暴力報道に、役者志望の女性との不倫報道など飲酒でのトラブルにネタはつきません。不倫報道時には妻である木村カエラを心配する声もあがり、離婚も近いのではと予想する声もありました」(メディア関係者)

 4月からは女優、北川景子とのドラマ「リコカツ」(TBS)が始まる永山。

 離婚から始まるラブストーリーとの触れ込みだが、個人事務所で羽目を外しすぎて実生活でも離婚。なんて事にはならないと祈りたい。
(文/神奈川仁)

「ライター紹介」
神奈川県横浜市出身。制作会社で働きながら芸能ライターとしても活動。カニが好き。